子供の英会話 TOP > コンテンツ一覧 > バイリンガルも夢じゃない

バイリンガルも夢じゃない

バイリンガルも夢じゃない

バイリンガルというのは、英語のペラペラ話せる人、という意味で日本では使われています。よく、父親か母親どちらかが外国人で国際結婚をして出来た子供であればバイリンガルになるとはいいますが、それは父親と母親が日常生活をどんな会話で行っているかにもよって開きができます。いくら国際結婚であっても、日常生活が日本語であれば日本語しか喋れないような状態に育つのです。

子供の頃から英会話を習わせるというのも一つの手です。まだ子供の脳が柔軟なうちに英語を教えるというのは大事なこと。おすすめの教育法です。その他、家庭内での会話についても重要です。例えば父親が英語を母国語とするのであれば、父親は徹底して英語で会話をするようにしてください。その代わり母親は日本語でしか話をしない。何だか言葉がこんがらがってわからなくなるのでは?と思うかもしれませんが、しっかりと人間の脳はどちらも認識して話せるようになるのです。だって、話せるようになるために、その意味と単語を徹底的に教えてもらった、という子供はいませんよね。自然に会話の中から覚えていくのが言語です。

英語と日本語で使い分けて、しっかりと家庭内でも区別をしておくことで子供がバイリンガルになる夢も遠くないですよ。

    Copyright(C) 子供の英会話 All Rights Reserved.