子供の英会話 TOP > コンテンツ一覧 > 年齢で分かれる、英語を習得させる方法

年齢で分かれる、英語を習得させる方法

年齢で分かれる、英語を習得させる方法

子供の英会話を習わせるといっても、その年齢に応じた教育方法というものがあります。本当に小さいときから習うとなれば0歳からになるでしょうし、遅くても小学生の間に習わせるのが、子供の英会話教育といいます。

まず0歳から始める場合については、本当に学ぶといっても英語に触れるというような状態です。一緒に楽しい英語の歌を聞いてみるとか、そういう段階になるでしょう。それが2歳3歳と進み、6歳ぐらいまでは体を動かしながら学べるレッスンが人気。おすすめでもあります。それ以降小学校に入学してからであれば、小学校で机に向かって勉強をする機会ができますので、きちんと読み書きもしながら英会話を学んでいきましょう。

始める年齢によって大きく差が出る教室ですが、やはりおすすめしたいのは遅くても小学校入学までには英語に触れさせておく機会を設けられるといいと思います。英語に対して、苦手意識が芽生えにくくなると思いますよ。
ある程度勉強をする小学生になると、英会話教室=勉強と繋がってしまって、勉強なんてしたくない!と体が拒否してしまう子もいるのだとか。集中できないと英語は上達していかないので、この苦手意識が芽生える前というのが意外と重要です。

    Copyright(C) 子供の英会話 All Rights Reserved.